ざーっくりFX

夏風邪の症状

夏風邪(夏のカゼ) ウイルス インフルエンザ対策に!!加湿器の水に入れればお部屋中除菌!...

夏風邪の症状はいわゆる風邪の症状(のど 喉の痛み、咳、発熱、頭痛、鼻水)などと、
下痢腹痛などの胃腸系にもくることもあるようです。

夏かぜの症状の前兆として、のどの違和感、痛みがあり、
そこから寒気・だるさ・発熱などにくることが多いようです。

冬にひく風邪に対し夏にひくものを夏風邪と呼んでるようですが、
200種類以上ある風邪の原因になるウイルスのうち、
夏の暑さと湿気を好むウイルスが大暴れするのが夏風邪です。

主な夏風邪ウイルスには、アデノウイルスやエンテロウイルス、コクサッキーウイルスが有名です。

アデノウイルス:アデノという意味はのどという意味があり、症状に発熱、のどの痛み、激しい咳などがあり、お腹にきた場合には腸炎大腸炎とか下痢をおこすこともあるようです。

エンテロウイルス:エンテロは腸という意味があり、症状は発熱、のどの痛み、下痢、腹痛などがあり、
皮膚の疱疹を起こすこともあるようです。

コクサッキーウイルス:エンテロウイルスの仲間で、症状は高熱、のどの痛みなどがあり、
口内炎の症状を起こすこともあるようです。

これらウイルスは空中にどこにでもいて、感染方法も様々なようです。

夏風邪 治療

夏風邪の治療(治し方)ですが、基本的に風邪のウイルスに対する薬というのはないようです。
そのため、できるだけ睡眠を取り体力や免疫力を高め、自然に治るのを待つというのが一般的なようです。
発熱は免疫力の証ですもんね。
あまりに四肢が痛いなど身体がきついときは解熱剤を処方していただくのがいいかと思います。

喉や口の痛みを伴う時は、飲み込める柔らく刺激のないものを中心に食べ、水分を補給するようにしましょう。
また、喉や口の中が痛すぎて食事や水分が摂れないような時は、
脱水状態にならないよう、医師の診察を受け、点滴してもらうなど
対処してもらうのがいいでしょう。

風邪が目にきたときは、かゆくても目をこすらない、流水で洗う
目やにがひどい場合は目薬を刺すなどで治癒につとめるとのこと。

ウイルスは咳やくしゃみ、鼻水、目やに、便などを介し感染するので、
2次感染を防ぐよう注意する必要がありますね。

夏風邪(夏のカゼ) ウイルス インフルエンザ対策に!!加湿器の水に入れればお部屋中除菌!...

夏風邪 対策

夏風邪の対策や予防、対処ですが
おもいっきりテレビで正しい夏風邪撃退法を紹介していました。

夏風邪に対処しないと、今年2008年は最高気温・湿度ともかなり高く、
高温多湿を好む夏カゼウイルスが大暴れ!してるとのことでした。

クーラーなどで室内と室外の気温差・湿度差が大きいと
自律神経(身体を調節する神経)が乱れ体温調節が出来なくなり
免疫力が低下して風邪になりやすいようです。

普通風邪は汗をかいて治すといわれますが、
夏風邪をひいた時は身体を温めて汗をかくのは
脱水を起こすので決していいとは限らないようです。

夏風邪の対策として ・水分補給は必須です。特にスポーツドリンクなど塩分を含むものが効果的とのこと
・室内をクーラーで適温適湿にする。冷えすぎに注意し26〜28度。
・お腹にはタオルケットをかける。お腹の腸の動きを低下させないため
・睡眠を十分にとる。体力をつけ免疫力低下を防ぐ。
などが提案されていました。

普通風邪をひくとお風呂はよくないですが、
夏風邪をひいた時は夏風邪ウイルスは皮膚に付着しやすく
特に汗ばんだ皮膚に付着している場合があるので
お風呂に入ったほうがいいようです。(熱がひどい時は除く)

夏風邪の下痢はウイルスを外に出そうとする免疫防御反応なので、
すぐに下痢止め薬を飲まないほうがいいとのこと。

外出先から帰ってきたら普通すぐにクーラーをつけるかと思いますが、
室内は室外より温度湿気とも高い状態でウイルスも潜んでいるので、
帰ってきてまずすることは窓を開けて換気をすることだと言っていました。
手足を急激に冷やしてしまうとかえって自律神経も乱れるので、
まずは15分程度換気をして、それからエアコンをつけるようにするといいんだって。

夏風邪 予防

夏風邪の予防には、外出先から帰ってきたら
すぐ手洗いとウガイと目薬を徹底するとのことでした。

目薬はあまり知られてないと思いますが、
夏風邪のウイルスというのは目から感染してくることもあるそうです。

種類はどんな目薬でもいいそうです。
あくまでも表面を潤して洗い流すことが目的なんだって。

夏風邪を防ぐには他に、寝室の湿気とダニをとるといいそうです。

前述したように夏風邪ウイルスは湿気が高い環境で繁殖しやすいので
湿気を取り除くのが大事だそうです。
特に睡眠中というのは人間の身体から200〜400ccも汗が出るので
布団が湿気て夏風邪を繁殖させる環境になってしまいます。

そこで湿気防止には布団下に除湿シートを敷きます。
特に汗をかきやすい(頭から腰にかけての)ところの
布団の下に敷きます。

また、呼吸器系に影響を与えるダニも繁殖すると、
夏風邪も長引いてしまいます。
ダニ防止にはダニ取りシートやダニ防止グッズを購入します。

ダニは掃除機では吸いきれないし、ダニを殺してしまうと
かえって死骸が残ってしまうので、生きたままのダニが集まる
ダニ取りシートを枕の下とか布団下の端のあたりの直接肌に触れない所に置き、
集めて捨てるようにするといいそうです。

などの湿気の対策をして夏風邪を対策しましょう!

夏風邪 食事

夏風邪の食事、夏風邪にきく飲み物として、 夏かぜのひきはじめには少量の赤ワイン、 それもショウガ汁を少し加えたショウガワインが おすすめされてました。

赤ワインというのは、消炎作用があるポリフェノールが かなりたくさん含まれ、またアルコールそのものが20cc〜30ccで 体温を2度ぐらい上昇させて免疫力を3倍活性化させるそうです。

またショウガにも炎症を抑える作用、体温を上げるような作用があるそうで アルコールと組み合わせれば血液の流れもアップして 結果的に抗ウイルス作用が期待できるそうです。

ショウガワイン(薬酒)の作り方は赤ワイン20mlに ショウガ汁を3〜4滴いれるだけでいいそうです。

日本酒やビールなどよりかぜのひき始めじは効果高いそうです。 もちろん飲みすぎはダメですよ。

夏風邪を予防する食事ではキムチを摂ることがすすめられていました。

キムチは発酵食品の王様で、 夏風邪ウイルスの腸から感染するものもを こうした発酵食品を食べて、腸から予防しておくのがいいそうです。

キムチ以外では納豆やぬか漬け、ヨーグルトやチーズなどの 発酵食品が勧められていました。

発酵食品は1日に2回以上は食べるといいそうで、 朝晩など間隔を空けて腸を守るように摂るといいそうです。

夏風邪の症状が出る前に、しっかりと対策できればいいですね。

夏風邪 症状