リフレクソロジスト

リフレクソロジストの資格

リフレクソロジスト資格は、統一されたものはなく、各リフレクソロジスト養成スクールあるいはそれぞれ関連協会が独自に主催する認定資格のみです。
スクールでリフレクソロジーのカリキュラムを学び修了したあとに認定試験を受け、合格すればリフレクソロジストの認定書が得られる修了資格です。

■リフレクソロジストの仕事

リフレクソロジストの仕事は、簡単に言うと、足裏などの特定部分(反射区やゾーン)を刺激して、全身の血液の流れをよくしたり、自然治癒力を高めるリフレクソロジーを施術し、健康に導くサポートをすることです。
マッサージを行なえるのは、あんま師・マッサージ師・指圧師などの国家資格保有者だけです。リフレクソロジストはトリートメントなどと呼びます。

■リフレクソロジストの資格

リフレクソロジストの資格は日本では全て民間資格です。ですので、国家資格のあんま、マッサージ、指圧、鍼灸などとは一線を引かれます。
医師法に触れる言葉や行為はご法度で、医療行為を行なってはいけません。資格を持たずにも名乗れますが、正しい知識と確かな技術を身につけている証明になるので、リフレクソロジスト資格を持つことは大いに意味があります。

■リフレクソロジストの求人先

リフレクソロジストの資格を活かせる求人にはどんなものがあるでしょうか?
リフレクソロジストになったばかりの人の求人状況では、多いのはやはりリフレクソロジーサロンでしょう。
スクールや協会は直営店や、提携店を経営していますし、リラクゼーション業界が伸びていますので、民間企業も続々と出店しているのでリフレクソロジスト資格は需要があります。

リフレクソロジストの他の求人先

  • リフレクソロジー以外のサロンでの求人

  • アロマセラピーサロン、タラソセラピーサロン、エステティックサロン、フットケアサロン、カイロプラクティックサロン、マッサージサロンなどなど
  • 施設関係での求人

  • 旅館・ホテル、サウナ、フットネスクラブ、スポーツジム、健康ランドなどでもリフレクソロジストの求人をするようになりました。
  • 医療関係での求人

  • 介護施設・福祉施設、鍼灸・あんま・指圧マッサージ治療院、クリニックなどなど
  • 独立開業

  • 自宅開業、出張施術専門、サロン経営などなど
  • その他のリフレクソロジストの求人

  • 美容院、理容院、化粧品店、ネイルサロン、デパート靴販売店などで、リフレクソロジストの求人があります。
 
     
 
リフレクソロジスト2

リフレクソロジスト 資格ガイド

リフレクソロジストの資格を取るために、事前に知っておきたいことや、雑学、ワンポイント知識などを紹介します。

■リフレクソロジスト(リフレクソロジー)スクール

リフレクソロジストになるためのスクール選びは、まずは情報収集です。雑誌やネットで調べて、できるだけたくさんスクールの資料請求や入学案内を手に入れましょう。
スクールによって施術法が違ったりするので、しっかり調べましょう。リフレクソロジスト養成学院の説明会などに参加してもよいですし、リフレクソロジースクール直営店や、卒業生の開業するサロンに行って自分で施術してもらってもいいですね。
資料や案内ではカリキュラムもしっかりチェック!実践にそくした内容か?インターンシップのような実習はあるか?また、独立開業や就職のバックアップ体制、アフターフォローも万全か?このあたりはリフレクソロジーのスクール選びで大きく将来がちがってきますので、じっくり検討しましょう。

■リフレクソロジストの通信教育

リフレクソロジストになりたいけど近くにスクールがない、また家庭や仕事の都合でスクールへ通えないという場合は、リフレクソロジスト資格取得の通信講座があります。
通信教育の利点は、空き時間で、自分のペースでできるということですが、逆に言うと自分で自分を管理できない人には向いていないし、孤独にも耐えなくてはなりません。なんとしてもやりとげる強い意志が必要です。
一人で学ぶのですから、スクール選び以上に慎重に選ばなければなりません。リフレクソロジストの通信講座の資料や案内を請求して、しっかり情報収集しましょう。

リフレクソロジストの通信教育の選び方のチェックポイント

  1. リフレクソロジスト認定資格は通学と同じものか?
  2. 教材はしっかりしたものか?(動画などあるか?)
  3. フォロー体制は万全か?(質問できる環境か?)
  4. スクーリングがあるか?(教室での実技もカリキュラムに入っているか?)
  5. 受講期間の延長制度はあるか?
  6. リフレクソロジストとしての就職、リフレクソロジーサロンの独立開業など、支援やバックアップ体制、またアフターフォローはあるか?

■リフレクソロジストに必要な資質

リフレクソロジストに限らず、アロマセラピストなどリラクゼーション業界で働く人の資質として必要なのは、なによりも人柄の良さでしょう。
ストレスを緩和し、癒す職業なのですから、社交的で献身的である必要があります。笑顔や挨拶はもちろん、接客でのコミュニケーション能力、奉仕の精神などは身につけなければなりません。スクールでも学ぶことができます。
他にリフレクソロジストに必要な資質としては

  • リフレクソロジー以外にも医学的な知識などを学び続ける貪欲さ、追求心、向上心、自分を磨く努力、学習意欲
  • カウンセリング能力、人の話をしっかり聞く技術、柔軟性
  • プロとしての自己管理能力、健康管理
  • 責任感
  • お客様の気持ちを読み取り、TPOに合わせられる洞察力
などなど、人の心と体に直接携わる仕事ですので、プロのリフレクソロジストは人間性を高める努力が必要です。

■リフレクソロジスト関連資格

リフレクソロジストの資格以外にも、就職やキャリアアップのために関連資格を取得していると有利な場合がありますし、
リフレクソロジーの知識だけでは対応できないお客様に他の提案ができる場合もあります。
例えば、アロマセラピスト、フットケアリスト、心理カウンセラー、カラーセラピー(オーラソーマ)、エステティシャン、ネイリストなどなど、
他にもありますが、リフレクソロジストに関連の深い、持っていると有利な資格はたくさんあります。


 
 

©2006 リフレクソロジスト資格 All rights reserved.